読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOMAXのブログ

楽しいお話を書いていきたいと思っています。よろしくお願いします。

やっぱり山なんて大嫌い

山は嫌いだ。とにかく冬山ときたら最悪だ。

だが、どうしても冬山に登らなければならない事態が起きた。

 

それが…スキー

しぶしぶ、行ったあげく、さんざんカニ歩きをやらされて、開けても暮れてもハの字&斜滑降、時々、キックターン。

f:id:goumax:20170116194356j:plain

 

カニ歩きなんてもはや登山以外の何物でもない。

カニ歩き → 斜滑降 → キックターン → 斜滑降 →

キックターン → 斜滑降 → ボーゲン →カニ歩き

延々、延々、延々、この繰り返し。

真横では、カップルやおねぇちゃんたちが悠々とリフトに乗って、ゲレンデを登っていく。

そんな光景を横目に、カニ歩き。カニ、カニ、カニ

いい加減、カニ歩き(自分の足で斜面を登る技術)なぞと言う原始的な登り方ではなく、文明の利器を使いたくなるのが人ってもんだ。

カニは結構つらい。小学生の私の体力をすぐに消耗させた。

「リフト乗せてくれよ」

小さな私が懇願するも

「そんなもん100年早いわ!」

と、スキー板の滑り止め紐を足にまいた、熟練スキーヤーに一蹴されて終了。

また、また、蟹地獄。蟹、蟹、蟹、蟹、

ボーゲン(ハの字)がどうにかできるようになってきたら、

「よし、それじゃ、ストックよこせ」

と、熟練スキーヤの暴挙

命の次に大事なストックを取り上げるとは!

常軌を逸しているとしか思えない鬼の所業……

ストックを取り上げられ、命からがらボーゲンでゲレンデを滑り降りた。

ボーゲンがようやくできるようになったところで、やっと憧れのリフトに乗せていただいた。

抱きつくようにリフトのバーをつかんでどうにかこけずに座れた。

リフトがグングン上昇していく。目下を見れば、谷、谷、谷、落ちたら確実に死ぬ高さ。それなのに、このリフトときたら、ジェットコースターのように安全バーがあるわけでもなく、ただ座っているだけ。しかも、なんとも頼りない作り。申し訳程度鉄のロープにちょこんとだけ固定されていて、座面が木製のリフト。ギコギコと泣きながら、沢を渡っていく。生きた心地がしなかった。

リフトへの憧れは、一気に恐怖へと変わった。

リフトにしがみ付いていると、寒さが全身を襲ってきた。もう最悪だ。手はかじかみ、耳が千切れそうに痛い。

苦痛と恐怖に耐えながらようやく山頂に到着した。

降りる際、案の定転倒し、リフトを止めた。

同じチームの奴らも次々とリフトを止めていた。リフトを止めるぐらいかわいいもので、最悪な奴は、手袋やゴーグルを谷底にプレゼントしていた。

山頂に着くと、ストックを取り上げていた鬼の熟練スキーヤが、各々にストックを返してくれた。

「それじゃ、今まで教えたことができたら下まで降りられるから、下で待ってるぞ」

と、言い残して、ゲレンデを滑走していった。

ゲレンデを見下ろすと、驚愕の光景が目に飛び込んだ。

崖。まさに崖にしか見えない急斜面が目の前にあった。

どうやって降りるんだよ!!!

やまびこが呼応するほどの心の叫びをあげて、斜面を下る。

怖い。怖すぎる。

ボーゲンで少し下を向いただけでも信じられないスピードが出る。

恐ろしさで、転倒停止を図るものが続出していた。一度転んだものは、文字通り、七転八倒しながらゲレンデを落ちて行った。

あるものが斜滑降で滑っていった。私も転落する勇気がなかったので、それにならった。

斜滑降 → キックターン → 斜滑降 → キックターン

延々、その工程を繰り返し、命からがら下まで降りた。

それから、何年か経過して、パラレルターン、ウエーデルンとスキー技術を研磨していった。

それだけ、苦労して体得したスキー・・・のに、だのに・・・なぜ・・・

時代が移り変わって、スノボー。

初めは、ゲレンデのお荷物状態で疎まれていたスノーボード

FMで囃され、ただのナンパツールでしかなかったスノーボードが今や主流。

今やスキー板なんぞ履いていたら、「ぷっ」と笑われてしまうありさま。

何だ、その「ぷっ」てのは!

昔はこれでもゲレンデの王子様だったんだぞ!と、息巻くこともできず

伝家の宝刀「ウエーデルン」を披露。どうだと、どや顔でボーダー達に胸を張ると、腰の動きが変と嘲笑を買ってしまうありさま。

オーノ〜!!ガッデム!!

まったく若人たちに、この芸術的ウエーデルンが理解されないなんて。

ふ、ふんだ。もういいもん。一人ですべってるもん。プンプン。

<`ヘ´><`ヘ´><`ヘ´>

あースキーだよ。板二枚で何が悪いってんだ。

雪山にわざわざ行っていてこういうのもなんなんだが、やっぱり山は嫌いだな。

最近ゲレンデに行ってないな〜。年かしら?

( ̄ロ ̄)