読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOMAXのブログ

楽しいお話を書いていきたいと思っています。よろしくお願いします。

恐怖のドライブ

ゴールデンウイーク。シルバーウイーク。盆。正月。

まとまった連休が取れると、どこかに遊びに行きたくなる。
それが人情というものだ。

 

行きたいところは?

カキオコが食べたい!
京都散策!
最近できた巨大モール!
等々

普段の鬱憤を晴らすように、目的地を羅列する家人たち。

民主主義に則って、挙手で目的地を決定する。

目的地が決まれば颯爽と車に乗り込み、出発!!

片道約三時間ぐらいが目安で、日帰り旅行を楽しむ。

渋滞するから、そろそろ帰ろうと

日の高いうちに帰宅を提案。

そうだね。

と一同の同意を受けて帰路に就こうとするが、必ず誰かが

おしっこしたい。
ちょっとだけ、おみやげみていい?
この卯の花ドーナツだけ買っていい?

と、帰るよと言ってからが長い。

ようやく車に乗り込み一路家路へ!!

時はゴールデンウイーク、当然と言えば当然。当たり前のように捕まる大渋滞。

戦いの火蓋が切っておろされる。

「おしっこしたい」

サービスエリアまでは、5キロ以上。時間に換算することはできない。車はピクリとも動いていない。

「まだまだ、サービスエリアまでは時間かかるよ」

「だって、もう我慢できないよ!!」

還暦を過ぎた母が車内で叫ぶ。

「しょうがないじゃないか。なんだったら、路肩ですれば?」
「そんなのできるわけないでしょ!!」

還暦を過ぎても女子は女子。羞恥心とやらが立派に発動している。

「じゃぁ。我慢しな」

私の言葉に母は、うつむいて瞑想に入った。時折、

「あぁ〜」とか「もう!ダメだ!!」と奇声を上げる。

母の苦痛に歪んだ顔を見かねた妹が、空になったペットボトルを母に差し出した。

「パンツ脱いで、これにすれば?」

「できるわけないでしょ。男じゃないんだから、全部縁から漏れちゃうよ!!」

尿意マックス!ピーク絶頂!怒髪衝天!

娘の提案に必要以上に、怒りをぶつける還暦女子。

「そうだ、だったら、これ、これ使いな」

叔母(母のおねえちゃん)が鞄の中から、温泉で貰ったタオルを母に手渡した。

母も含めた、車内にいた全員の頭上に?の文字が浮かんだ。

「おばちゃん、それどうするの?」

私の問いに叔母は、母に手渡したタオルを取り上げて、自分の股間に押し付けた。

「タオル、パンツの中に入れて、ちょっとずつ、おしっこして、しみこませていくんだよ。それだったら、漏れないでしょ」

どうだ、ナイスアイデアだろ。とでも言わんばかりに得意げな表情を見せる叔母。

「そ、それは……」

私と妹が声を押し殺して笑っていると。

「そんな事できるわけないでしょ!!ねぇちゃんのバカ!!」


 (ノ ゜Д゜)ノ ┻━┻


「バカってなによ!!あんたがおしっこ我慢できないっていうからでしょ!!」


ヾ(゜0゜*)ノ


還暦の妹と65を過ぎた姉との姉妹喧嘩勃発。

何とも微笑ましい喧嘩だこと。

サービスエリアまで400mの標識が見えたとき

「もう!!あか〜ん!!」

と、母は、鬼の形相で叫ぶと車内から飛び出していった。

牛歩で車がサービスエリア駐車場に入ったとき、携帯が鳴り、母が車内に戻ってきた。母の顔は、菩薩のように穏やかなものに変貌を遂げていた。膀胱が空になって姉妹も仲直り。

それ以来母は高速道路恐怖症になり、どこかに行く際は、サービスエリアの度にトイレ休憩を取るように心がけているようだ。

今でも車が渋滞する度に、私は母に

「タオル貸してやろうか?」

と、茶化して遊んでいる。

(´∇`)