読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOMAXのブログ

楽しいお話を書いていきたいと思っています。よろしくお願いします。

寒さ対策薬膳料理 おまけ:うちんち⑮

今週のお題「冬の寒さ対策」

薬膳に体を温める食材というのがあるので少し薬膳のお話をば

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

 

もち米・アナゴ・イワシ・鮭・牛肉・鶏肉・コーヒー・紅茶・日本酒

お酢・かぼちゃ・玉ねぎ・菜の花・にら・大蒜・くり・ざくろ・みかん・桃・キビ

などなど。

というわけで、こんな料理はどうだろう。

f:id:goumax:20170201014009j:plain

大雪に見舞われても大丈夫。

寒さ対策薬膳プルコギ飯定食

材料

牛肉薄切り・にんじん・たまねぎ・にら・にんにく焼肉のたれ,

ご飯に少しもち米を足すってのも美味しいかもです。

 

にんじんも微温なのでちょっと温めてくれる食材でーす。

 

これに

f:id:goumax:20170201015042j:plain

かぼちゃと鶏肉のスープを添えたりなんかして、

 

食後にざくろ、みかん、桃のフルーツポンチにマロングラッセ、コーヒーやお紅茶で締めれば、

 

冬の寒さを乗り切る、あったか・ほっりプルコギ定食のできあがり。

 

めしあがれ。ポカポカですぞ~。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うちんち⑮

 

数日後。


源三郎は退院した。そして自宅へ戻ること無く施設に直行し、入所した。小学三年生の訴えは通じないまま、源三郎と花梨は離れ離れに暮らすことになった。


源三郎の病室で花梨は、退院の荷造りを無言で淡々と行(おこな)った。毎日源太をつないでいた病院の玄関横の桜が、嫌味なほど満開に咲き誇っていた。


幸子の夫の運転する自動車で、施設まで源三郎を送ってもらった。


「おじいちゃん、ここやて」


花梨が源三郎に、車を降りるように促した。


「どこ行くねん、家ちゃうやんけ!」


源三郎は、あからさまに怪訝な表情を浮かべた。


「ええから!」


花梨は源三郎の手を引き、半ば無理やりに施設の中へと連れて行った。


「どうしたんや?」


普段と違う花梨の様子を心配して、源三郎が言った。花梨は、案内された居室に、源三郎を押し込んだ。


「おじいちゃん、ここに座っとって」


花梨は居室のベッドに源三郎を座らせ、荷物の整理を始めた。手続きを済ませた幸子が源三郎の居室に顔を出す頃には、荷物は綺麗に片付いていた。


「いい? おじいちゃん。花梨毎日来るよって。何かあったら、これ押すねんで」


花梨はそう言って、ナースコールボタンを源三郎に手渡した。


「いや、ちょっと待てって。ここどこやねん? 家、帰るぞ」


「あかんねんって!」


花梨は立ち上がろうとした源三郎を制し、ベッドに座らせた。花梨はうつむいて唇を噛みしめ、小さな肩を震わせている。


「どうしたんや、花梨? なんで泣いとんねん?」


心配そうに源三郎が尋ねた。源三郎の優しい顔を見ているうちに、花梨の表情はみるみる歪んだ。病院からここまで、歯を食いしばって我慢してきたが、もう限界だった。


「おじいちゃーん!!」


花梨は源三郎に抱きつき、堰を切ったように大声を上げて泣き出した。


「よしよし、大丈夫や、大丈夫や。おじいちゃんがおるからな……」


源三郎はぎゅっと花梨を抱きしめ、花梨の背中をゆっくりさすった。


「ほら、もう大丈夫や。な?」


源三郎は微笑みながら、花梨の涙を拭った。そして花梨の額に自分の額を合わせた。
「……うん」


花梨は泣くのを力いっぱい堪え、首を縦に振った。


「よーし、ええ子や。 それでこそおじいちゃんの孫や」


源三郎は大きな手で花梨の頭を撫でた。


「……おばちゃん、あとよろしゅうな!」


花梨は幸子に言うと、源三郎を残して居室を飛び出した。

 

花梨は走った。泣きながら走って走って、いつの間にか家に着いていた。日はどっぶりと暮れていたが、電気も点けずに膝を抱え、町じゅうに響き渡るほどの大声を上げて、泣いた。


「おじいちゃーーん!!」


花梨の著変に気づいたのか、玄関にいた小源太が、ダダダーーっと花梨の傍まで駆け寄ったかと思うとピタリと立ち止まり、心配そうに花梨の涙を舌で拭った。花梨は小源太をギュッと抱きしめた。


花梨の泣き声に呼応したか、源三郎へのエールか、犬小屋の源太が遠吠えを上げた。雲がゆるりと流れ、朧月がやさしい光を放ち、源太に答えた。

 

夜遅く、幸子は花梨の様子を見に佐藤家を訪れた。花梨は泣き疲れて、小源太を抱いたまま居間で眠りこけていた。小源太は花梨に抱きすくめられて身動きが取れず、〝いーーーっ〟と体をくねらせ、懸命に脱出を試みている。


「あらまぁ」


幸子は少し笑って、花梨の腕から小源太をそっと抱き取り、布団を花梨の肩までかけた。


「おじいちゃんは大丈夫やよ。花梨ちゃんがおるから」


幸子は寝ている花梨にそう言って、自宅へと帰った。


「おじいちゃん……」


花梨は穏やかな表情を浮かべ、幸子にかけてもらった布団を抱きしめながら、夢の中で源三郎を呼ぶのだった。

 

つづく