GOMAXのブログ

楽しいお話を書いていきたいと思っています。よろしくお願いします。

経営難の激ウマ料理店

なんだか今日は中華!!

 

そんな日、ありますよね〜。

f:id:goumax:20170212182219j:plain

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

 

 

 

当時、私は仕事で大阪から群馬に引っ越したばかりで、土地勘が全くなかった。

 

「それでも、今日は中華なんだよ〜」

 

私は頭を抱えて思案。

 

え〜い。こうなりゃ、うまい店センサー(いわゆる感)を最大限発揮して、飛び込み、一見さんだ!!

 

看板らしきものは見当たらないが、店先に唐辛子つるし飾りに爆竹飾り。どっからどうみても中華料理屋さん。間違いない。

 

唐子ランタンの子供たちが福々しく手招きしていた。

 

「決まりだな」

 

覚悟を決めて、店内に飛び込んだ。

 

店の中に入ってビックリ。

 

客席が5席、しかもカウンターのみという狭さ。

 

しかも、よせばいいのに中国かぶり面が

 

「何しにきたんじゃいコラ」

 

と言わんばかりに、二体。生首よろしくカウンターに並んでこちらをにらんでいる。

 

妙なたれ目がかえって怖い。

 

ちょうど良かったのか悪かったのか、客は一人もなく、私たちの貸切状態。

 

私達は顔を見合わせ苦笑した。


 
「いらっしゃい」


 
奥から声がして、店主らしき人物が顔を出した。奥といっても、暖簾の向こうには畳半畳ほどの空間があるだけだった。

 

 「いらっしゃい。メニューこれね」

 

店主はカウンター越しにメニューを私達に手渡した。

 

言葉の訛りで中国系の人と判断した。

 

メニューを見てみると驚くほど品数が多い。

 

厨房は奥の半畳のみ、他の店員は見当たらない。

 

大丈夫かな?

 

と思ったが、腹ぺこだった事も手伝って、私達は食べたい物を次々と注文した。

 

 「はい、ニラレバ。はい、麻婆豆腐…」

 

店主は丁寧に注文を小さな手帳のようなものに書き込んでいき、「少々お待ち下さい」

と言うと、暖簾をくぐって半畳の厨房に入った。

 

暖簾と客席の距離は僅か1m程度。中の様子が丸見え状態。

 

 店主は歩幅一歩程度のスペースの厨房で忙しなく動き回っている。

 

水も何も出てこない。

 

鬼の形相で千手観音さながら、中華鍋を振る店主に向かって話しかける事なんて、できようはずもなく…

 

…何分経っただろうか。

 

待てど暮らせど料理は来ない。あれだけたくさん頼んだのに、一品も。

 

私達はひたすらお預けを喰らっていた。普通なら我慢できずに「ちょっと、遅いねんけど!」と文句の一つも言うところだが、1m先で激烈に動き回っている姿を目の当たりにしているので、何も言えない。

 

 「遅くて、すみません。」

 

店主が汗だくになって申し訳なさそうに差し出した一皿目は、海老チリだった。

 

「他のも作ってますんで」

 

分かっています、見えてますから… 

 

待ちに待ってやっと出てきた記念すべき一品目。海老チリを一口頬張った。

 

その瞬間私は友人と顔を見合せた。

 

「うまい!」
 
その海老チリは、食い道楽で鳴らした私の舌を唸らせた。友人も美味しさに目を瞠っている。
 
次々と料理が運ばれ始めた。そのどれもがおいしくて、私達は「うまい、うまい」と貪り喰った。あっと言う間に平らげ、一息ついた所でビールに口をつけた。

 

すると店主がたどたどしい日本語で私達に話しかけた。

 

 「おいしかったですか?」
 
そりゃもう、ご満悦。店主はにっこり笑って「よかった」と答えた。その笑顔は少年のような魅力的な顔だった。

 

それから、店主はいろいろな話を私達に聞かせてくれた。

 

日本の中華料理と本場中国での中華料理との違いや戸惑い、経営の難しさ、果ては日本人の奥さんとうまくいってないなんてことまで…

 

いつのまにか私達は、もう何十年もの付き合いのような気持になっていた。

 

料理が出てくるのが遅いことを差っ引いても、こんなに美味しいのに経営難だなんて、

どうしてだろ?

 

私たちは顔を見合わせて首を捻った。

 

が、その答えはすぐに判明した。

 

「お会計、3800円です」

 

「2人分まとめて払いますんで」

 

私がそう言うと

 

「いえいえ、じぇんぶれ(全部で)、3800円ね」

 

「……」

 

どひゃー!安い。安すぎる。大の男が2人、腹いっぱい飲んで食って。3800円。

しかも消費税込!!

 

薄利多売で儲けないといけないのに、客席5席って〜。

 

価格設定完全に見誤っている…

 

それから足しげくその店に通った。

 

数年後。私が転勤で遠くに行くことを告げると、店主は寂しげな表情を浮かべ、

 

「送別会はうちでやって下さい」

 

と申し出てくれた。店からはみ出すほどの人数を快くもてなしてくれた。

 

「心のこもったお別れの料理です」

 

と、自分で言って、泣きながら海老チリを出してくれた。

 

五席しかない激安中華料理店。店主の作る料理は、私にとって、どんな高級中華料理よりもおいしく、心の癒える味だった。

 

マンさんありがとう!!