GOMAXのブログ

楽しいお話を書いていきたいと思っています。よろしくお願いします。

人生の楽園見切ったり!!

ふふふ。やってしまった。とうとう、人生の楽園を見切ってしまった。

f:id:goumax:20170213204707j:plain

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

 

 

間違って買った棒がある。 120?ほどの木の棒。一見、子どもの折檻にしか役に立ちそうにない棒。

 

「麺打ち棒が欲しい」

 

ある時ふっとそう思った。

 

よし、形から入ろう。

 

私が毎週録画で欠かさず視聴している番組「人生の楽園

 

子育てが終わり、仕事もひと段落ついた60歳という年から、健康寿命の終焉を迎える75歳までの間。(あくまでも平均値です)

 

何年もの間、地中に籠っていた蝉が地上に解放されたような瞬間である。

 

ミミミーン!!

 

まさに人生の楽園期と呼ばれる時期である。

 

日頃、障害を負った方ばかり見ているので、元気な団塊の世代が見れる楽しい番組。

 

「こんな古民家買ったら、後で住宅改修大変になるのになぁ」

 

などと出来るだけうがった見方はせず、楽しそうだなぁ。と、番組の趣旨に即した見方をするようにしている。

 

何年もこの番組を見てきて、核心を見抜いてしまった。

 

人生の楽園とは」

 

蕎麦とパンと畑、時々ペンションである。と

 

私が見た番組のほとんどが蕎麦とパンと畑、時々ペンションである。

 

つまり、畑で蕎麦と麦を育て、パンと蕎麦を作って自宅を改装したペンションで一日1組のお客相手に接待する。

 

おおむねこれで、楽園を制したことになる。

 

麺打ち棒を買えば、楽園に一歩近づくような妄想を抱き、趣味らしい趣味がない事も手伝って、麺打ち棒を購入。

 

さて、家に帰ってそば粉を綺麗に拭いたオコタの上にばらまき、目を輝かせて、いざ、蕎麦打ち。

 

そば粉と麺棒。出会うべくして出会った双方。オコタの上のアバンチュール。まさにエキゾチックジャパン!!

 

ふふふ、この絵が欲しかったんだ。

 

水をすこーしづつ入れて粉をこねていく。こね、こね。

 

よし、いよいよ麺棒投入。

 

団子状のそばを引き延ばしていく。

 

これがなかなかに難しい。うまく広がらず伸ばしている端から、ひび割れ、もろもろになっていく。

 

水を足してこねると今度は、べちゃべちゃで伸びない。粉を足して、水を足してを繰り返していたら、巨大な蕎麦玉が出来上がってしまった。

 

一日格闘して、結局、鍋の中でもろもろになる、得体のしれない物体を啜る羽目になった。

 

それから一度も麺棒には近づいていない。

 

人生の楽園への道のりは遠い。

 

さっ、今からお蕎麦の乾麺ゆでて、晩御飯にでもしようっと。