読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOMAXのブログ

楽しいお話を書いていきたいと思っています。よろしくお願いします。

体、半分もっていかれたぞ!

父と母が仲睦まじく、遠路離れて住んでいる一人息子の家に遊びに来た。

両親が私の家に泊まり、

「朝ごはんを食べよう、どっかおいしいところに連れていけ」

と、父上からの命令があり、私のお気に入りの喫茶店へレッツラゴー!
(ここの喫茶店は、社会福祉法人さんが軽度の知的さんや聾の皆さんに雇用の場を!とパン屋さんや喫茶店をやっているので、応援の意味を込めて常連になっている)

車の中で父が突然

「昨夜、寝てたら体、半分持っていかれたぞ」

と、意味不明のセリフを放った。

もう一度聞きなおしたら、

「いやな、夜中にゴゴゴゴゴゴ、って物凄い音がしてな飛び起きたんや、なにかの獣が吠えてるんかな思てよ。猛獣みたいな声や。ホンマ。ワシ何かな思て、ちょっと怖かってんけどな、せやけど、近いねん。猛獣の声。吸い込まれそうなくらい、ゴゴゴ言うてんねん。ほんならな。オカンや!オカンのイビキやねん。こいつホンマに恐ろし気なイビキしよんで。ワシの体、半分吸い込まれてしまうか思たわ。」

親父の稲川淳二張りの話口調に車の中は大爆笑に包まれた。

オカンは少し不服そうな顔をしながら、苦笑していた。なぜなら、昔から、親父のイビキは怪獣の雄たけびなみだからだ。

似たもの夫婦?

私は両親とは別の部屋で寝ていたのでグッスリでした。

(笑)