読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOMAXのブログ

楽しいお話を書いていきたいと思っています。よろしくお願いします。

寝たきりならない方法:クオリティ オブ デス (QOD) 

100歳以上の高齢者の寝たきり率がアメリカでは30%程度。日本ではその倍60%以上が寝たきりなのである。

 

これが何を意味するのか?

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

 

 

それは、医者任せ、介護支援専門員(ケアマネ)任せ、市役所任せ・・・。

 

つまり他人任せで長生きした結果と言わなければならない。

 

自分の人生や生きる道、逆に言えば死にざまを他人任せにした結果。が「寝たきり」という形で表れてくる。

 

日本は世界一の医療制度を保持している。つまり、世界で一番安価で質のいい医療を受けることができるということである。

 

死ぬ準備を最近は「終活」としてお葬式やお墓、断捨離等の切り口で本やメディアで取り上げられているが、元気で長生きしてぽっくり死ぬための「終活」はほとんど取り上げられない。

 

「元気で長生き」つまり、「寝たきり老人」にならない方法は紹介されない。

 

「元気で歩きましょう」「コミュニケーションが取れる仲間を作りましょう」「囲碁や将棋をやりましょう」なんてものが世の中に健康法として溢れているが、そんなのは「元気で長生き」するための入り口でしかない。多くの健康法的なものは入門編程度のもので、本質には全然入っていない。

 

なぜだろう?

 

「元気で長生き」「ぽっくり死にたい」は、みんな望んでいるのに、そのための方法を知らないのか、見ないようにしているのか、なぜだろうと思う。また、誰も教えないのはなぜだろうか?

 

「そんな方法があったらみんなやってるよ」

 

と思われた方、アメリカの寝たきり率と日本の寝たきり率の違いは何を思いますか?なぜ世界一の医療制度を誇る日本がアメリカの倍もの人間が寝たきりになっているのか考えてみてください。アメリカは日本よりいい医療があるから?アメリカには何等かしかの素晴らしい発明があるから?答えは否です。

 

とにかくこの国でいい死に方。QOD(クオリティ オブ デス)を高めるためには、もっともっと他人任せではなく自身で介護・福祉制度や医療の在り方を知らなければ、誰も教えてくれないということである。裏を返せば、自分で死にざまをプログラムしなければ「寝たきり」にされてしまう。他人任せは本当に危ない。医療や介護の本質を知ろうとしない人に「ぽっくり寺」の神様は絶対に微笑んでくれない。

 

私は例え脳梗塞なって片麻痺になっても、彼女とデートに行って行きつけのお洒落な飲み屋で酒を飲んだくれて、「わが人生に一片の悔いなし!」と言って死ぬための方法を知っているので、頑張ってみようと思う今日この頃です。(でも、にっくき「年寄狩り」に会って収容されたら終了だが、何とか狩られないように頑張りたいと思います)