読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOMAXのブログ

楽しいお話を書いていきたいと思っています。よろしくお願いします。

僕の駐在さん戦争

「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」を読んでみた。映画にもなったらしい。

 なるほど、なかなかのイタズラっぷり。楽しく読ませていただいた。
 
 しかし、しかしである。こんなハートフルなポリコ(僕の地域ではお巡りさんのことをポリコと呼んでいる)がいるのだろうか?と首をかしげずにはいられない。

 読んだ本に感化されやすいたちなので、僕のポリコ戦争を書いてみたいと思う。

 

 とはいっても、生まれた時から遠慮がちで母の母乳も「いやはや母上殿勿体のうござる。」と謙虚に飲んでいたほどの品行方正なお子様である。(幽門狭窄だった)

 そんな僕がポリコにやり返すことなんぞできるはずもなく、ただただ一方的にやられるのみの青春時代だった。

 記念すべき初補導は、14歳。中学二年生の時だった。
 
 折り目正しく好青年の僕は、近所の制服屋さんに頼んでいたスーパーアラビアン(ニッカポッカのような形をした学生ズボン。どうしてあんなのがかっこよく見えたのか今考えるとほとほと不可思議なお話である)を取りに行き、ついでに猪鹿蝶の花札裏ボタンを買って、ほくほくしながら、友達四人で街中を歩いていた。

 トレーナにツータック入りのジーンズ。至って真面目。真面目が袖から漏れ落ちるような格好である。友達たちも別段悪そうな格好はしていない。どこからどう見てもあどけなさが残りまくっているかわいらしい中学二年生である。

 僕たち4人の前に制服姿のお巡りさん(ポリコ)が2人現れた。何も悪いことはしていないが、それでもポリコと言うものは何だかその存在だけで嫌な感じがするものである。

 なんとなくうつむき加減で僕たちはポリコとすれ違った。何事もなく通り過ぎてほっとしていた。(何も悪い事してないのだから当然と言えば当然なのだが」

 その刹那、ポリコの2人が僕と僕と並んで歩いていた友人の腕を捻り上げたのだ。

 「いてててて、いてーよ!!何すんだ!!」

 突然のことで動揺しながらもポリコに精いっぱいの罵声を浴びせる僕たちをしり目に、僕の前を歩いていた友人2人は異変にきずいているはずなのに、振り向きもせずスタコラサッサと歩いて町の雑踏に消えて行った。

 あいつらだっきゃーー!!面倒に巻き込まれないための中学生の処世術とはいえ、なんだか腹が立つ(次の日学校で嫌と言うほど嫌みを言いながらコブラツイストと腕ひしぎ十字固めを決めてやったが)

 
 「いてててて、いてーよ!!何すんだ!!」
僕たちの悲鳴をよそにポリコたちは無線で何やらごそごそ話している。ややあって、僕は驚愕の光景を目にすることになった。ポリコがドラクエのマッドハンドよろしく、わらわらと町の路地裏に湧き出てきたのだった。

 「こいつらか!!」
 「お前ら覚悟しとけよ!!」

 などと、全く寝耳に水。いわれなき罵声を浴びせられ、両腕を2人のポリコに抱えられ、街中を300mほど連行されてポリボックスまで、引きずられるようにしてしょっ引かれていった。奇異の目が待ちゆく人々からそそがれる。

 −あの子たち何かやったのよ
 −悪そうな顔してるわ

などとおばはんたちの小声になってないひそひそ話が聞こえてくる。

 ポリボックスに入ると僕たちと同年代らしき男の子が2人座っていた。

 「こいつらやろ!!君らからかつあげしたやつら!!」

 僕の腕をつかんでいたポリコの一人が僕の髪の毛を掴んで、男の子たちに僕の顔を近づけた。

 男の子たちはきょとんとした様子で

「違います」

と答えた。当たり前である。こちとら、気ぃ良くお買いものをしていただけの品行方正な中学生である。

僕たちを取り囲んでいた10人近くのポリコたちは、拍子抜けした様子で、

「あっそ」

と返答して僕たちの腕をほどいた。

「あ〜。君たちもう帰っていいよ」

とポリコたちは僕と友人をハエでも追い払うようにして手を振ってポリボックスから追い出した。

ちょっと待てやコラ!!!!!!!!!!
しばくぞこら!!!!!!!!!!

とも言えず。はらわた煮え繰り返しながら家路へと着いた。

オカンに言ったら、あんたらがガラの悪い目つきでうろついてるからや!!

と逆に叱られてしまう始末。藪蛇!!もう最悪!!

これが記念すべき補導第一弾である。第二弾はまた後日。

あ〜!!!!!思いだし腹立て!!!!!!

ヽ《 ゚Д゚》ノ ゴラアァァァァ!!!!!

f:id:goumax:20170114111157j:plain