読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOMAXのブログ

楽しいお話を書いていきたいと思っています。よろしくお願いします。

信心が足りないから死ねない

あら、暗いお話が意外に伸びたので、もうイッチョいっときますか? 

f:id:goumax:20170210123445j:plain

 

94歳のお誕生日を迎えたばかりの〇〇さん。

 

両足は全く動かず寝たきり状態を強いられて、はや6年。

 

両目も見えず足も動かない状態で6年間入院生活を続けておられる。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

 

そんな彼女が言うには

 

「先生、私はずっと若いころから信心をしてきたが、こんなに何にもできなくなって、ただの厄介者になってしまって、それでもお迎えが来てくれない。やっぱり、信心がまだ足りないって事かね〜」

 

悲しみと落胆をないまぜにした顔で、視線を空に投げる彼女に返す言葉が見つからなかった。

 

「その問は今の私にはお答えする事ができません。若輩ですみません」

 

私が頭を下げると、

 

「先生でも分からんことがあるんやね〜」

 

と、彼女は二カッ笑って、「しょうがないか」というような、あきらめを含ませた短いため息をついた。

 

彼女は尿道バルンを宝物のように抱きかかえ、看護師に車いすを押されて居室へと帰っていった。

 

信心が足りないから短命。というなら、いざ知らず…

 

信心が足りないからお迎えが来ない。

 

胸に杭を打たれたような衝撃を受けた。

 

私の2倍以上人生を生き抜いてこられた方の言葉は、重みが違うなぁ〜。