読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOMAXのブログ

楽しいお話を書いていきたいと思っています。よろしくお願いします。

どうぶつたちへのレクイエム

写真展に行ってきた。あまりにも衝撃的だったので写真集を買って帰ってきた。

 

「動物たちへのレクイエム」児玉小枝さん

 

最後のページを閉じた時、私は肩をしゃくって泣いていた。

 

同書は今まさに殺処分されようとしている子(犬や猫)の最後の命を切り取った写真集である。

f:id:goumax:20170208091835j:plain

f:id:goumax:20170208091854j:plain

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

 

格子越しに見つめる彼らの瞳が脳裏にこびりつく。

 

どす黒い積乱雲のような感情が私の心臓を圧迫する。

 

私は止まらぬ涙を拭おうともせず、破裂しそうな感情の濁流を開放するようにペンを走らせた。

 

― 生まれてきたわけ ― (短編小説)

 

今日はとてもいい天気だ。

 

ぼくは特等席で景色を眺めている。

 

マンションの広いベランダと、そこに置かれた洋風のステキな犬小屋。ここがぼくのスイートスペースだ。

 

 「ジョン!」

 

 お父さんの声だ!

 

ガラガラとガラス戸が開けて、お父さんが満面の笑みで僕を抱きかかえてくれた。

 

僕はお父さんが大好きだ。優しくて、いつもおいしい物を僕にくれる。

 

ハァ、ハァ、ハァ。

 

僕はうれしさのあまりお父さんの顔をなめまわした。

 

お父さんも目を細めてうれしそうにしている。

 

なんかちょうだい! なんかちょうだい!

 

 「ちょっと待てよ」

 

 お父さんはそう言うと缶詰を取り出して、僕のお皿にポン、と朝ご飯を入れてくれた。

 

やったー! 

 

今日はお肉が多めじゃないですか! 

 

おいしすぎますよ。

 

幸せすぎて夢みたいだ。

 

僕は子供の頃、ペットショップの狭いショーケースの中にいた。

 

いつここから出られるかも分からない、時間だけがカチカチと過ぎていく毎日。

 

通りすがる人はショーケースを代わる代わる叩いては、好き勝手言っている。

 

コンコン…つまんない。

 

コンコン…なーんだ。

 

コンコン…不細工。

 

ほっといてくれ。僕はいい加減「コンコン」にうんざりしていた。

 

「コンコン」…またか。

 

僕は目だけ動かして、ケースを叩く人の顔を見た。

 

「かわいい!」

 

子供達の甲高い声が響く。

 

「こいつがいいか?」

 

丸顔のおじさんが子供達の間から顔を出して言った。僕は狭いケースから解放され、おじさんの大きな手に抱きあげられた。

 

「今日からお前も家族の一員だぞ」

 

おじさんは、優しく僕にそう言った。

 

この人が、今のご主人であるお父さんだ。

 

僕がこの家にきて二年が経った。

 

お父さん達は僕をとってもかわいがってくれる。

 

「ジョンおいで」

 

あ、お父さんが僕を呼んでる。

 

僕はお父さんの元へと走って行った。

 

お父さんは僕にリードをつけると

 

「行くよ」

 

と玄関に向かって歩き出した。

 

お散歩ですな、ご主人。楽しいじゃないですか。

 

「おいで」

 

おっと、今日は車でお出かけですか?

 

僕は車に乗り込んだ。

 

お父さんは少し走るとすぐに車を止めた。

 

「ジョン降りて」

 

ここはどこですか?公園?遊園地?バーベキュー?エヘヘ。

 

楽しい事に決まってる。

 

お父さんは、知らないおじさんとお話ししている。

 

なになに?おじさんとお話が終わるとお父さんは、リードをおじさんに手渡し、車に乗ってどこかに行ってしまった。

 

あれ?どういうこと?お父さーん。

 

おじさんは、僕を建物の中へと連れて行こうとした。

 

お父さんは?お母さんは?子供達は?嫌だ、嫌だよー!お家に帰る!


僕は、両手両足を地面に踏みしめておじさんに抵抗した。

 

でもリードを無理やり引っぱられ、建物の中に連れて行かれた。

 

なんなんだ、ここは……?僕は大きな檻に入れられた。おじさんは扉を閉めると、どこかへ行ってしまった。


檻の中には、柴犬のおじいさんがぽつんと座っていた。

 

おじいさんは僕の顔をじろっとのぞき込んだ後、

 

「新入りかい」

 

と、かすれた声で言った。

 

「こ、こんにちは」

 

ぼくはおじいさんにあいさつした。

 

おじいさんは、ここがどんな所か、自分はこれからどうなるのかを教えてくれた。僕は混乱してきた。頭がぐるぐる回って、立っていられない。

 

殺される、だって?

 

「どうしておじいさんは殺されちゃうの?」

 

ぼくが尋ねると、おじいさんはさみしそうな顔を浮かべて言った。

 

「いらなくなったからじゃないかな」

 

「いらなくなったから殺されちゃうの?そんなの変だよ。だって、おじいさんは生きているじゃないか!」

 

僕は思わず叫んだ。

 

「古いおもちゃに飽きたら新しいものが欲しくなるんだよ。いらなくなったおもちゃは、捨てられるのさ」

 

おじいさんは遠くを見つめてつぶやいた。

 

「そんな……。おじいさんはおもちゃじゃない。生きてる、命があるんだ!どうして殺されなくっちゃいけないんだ!」

 

ぼくはとても悲しくなった。涙がぼろぼろ、ぼろぼろこぼれて止まらない。

 

ギギーーー……

 

振り返ると、さっきのおじさんが檻の扉を開けている。おじさんは中に入ると、柴犬のおじいさんを捕まえてしまった。

 

さっきまであんなに落ち着いていたおじいさんが、今は必死に抵抗している。

 

首輪がくい込んで窒息しそうになりながら、必死に逃れようともがいている。でもおじさんはおじいさんを放さない。

 

キャン、キャン、キャーーーーン!

 

おじいさんは、絞り出すような声で叫んだ。

 

おじさんは引きずるように檻からおじいさんを連れ出した。

 

おじいさんは檻から出されると急に静かになり、僕の方にゆっくりと顔を向けて、こう言った。

 

「次は、おまえさんの番だ。」

 

そして、おじいさんとおじさんは奥の部屋へと消えて行った。ぼくは、ただ震えながら見ていることしかできなかった。

 

次は僕の番……?どういうこと?

 

僕もおじいさんのように連れて行かれて、殺されちゃうの?どうして?どうして?

うそだ!

 

だって、お父さんはあんなにかわいがってくれたじゃないか。

 

子供達だって、一緒にたくさん遊んだじゃないか。お母さんだって、お菓子をたっくさんくれたじゃないか!

 

ぼく、何も悪いことしてないよ。

 

お手だってしたし、おかわりもした。

 

おすわりも伏せも、言われたことは全部やったよ。

 

お父さんが帰って来た時はうれしくて、誰よりも早く玄関にお迎えに行った。

 

なのにどうして?

新しい子がいいの?

僕じゃダメなの?どうして?

 

お父さーん。お母さーん。今度は僕もっといい子にするから、もっと、もっと言うこと聞くから、だから、だから

 

……殺さないで下さい。


それから数日が経った。

 

僕はどうして生まれてきたのだろう。何のために生まれてきたのだろう。こわい、こわいよ。

 

早く迎えにきてよ。お父さーん……。


コツコツと、足音がこだまする。とうとう僕の番だ!

 

そう思った次の瞬間、隣の檻へとコツコツが通り過ぎていく――

 

そんなことが何度も繰り返された。

 

ぼくはビクビクしながら、檻の中で震えていることしかできない。

 

こんな気持ち、どこかで味わったことがあるような気がする。

 

……そうだ、子供の頃ペットショップのケースの中で毎日うなだれていた頃に似ているんだ。

 

ぼくの記憶は、いつケースから出られるか分からない不安から始まった。今はいつ殺されるか分からない恐怖に怯えている。

 

ある日、僕の檻に一匹のチワワの女の子が入れられた。

 

その子はとっても小さくて、ガリガリに痩せていた。

 

僕はその子に、今日までここで起こったこと、これから僕に起こるであろうことを、ゆっくりと話し始めた。

 

その子は泣いた。

 

話を終える頃、コツコツとあの足音が近づいてきて、檻の扉がギギーーーと開いた。

 

そして僕は、奥の部屋に連れて行かれた――

 

今度生まれてくる時は、また犬で生まれてこよう。

 

また、やさしい家族に囲まれて暮らすんだ。楽しい事がたくさん、たくさんあるから。

 

きっと、たくさん、たくさん……。

 

ぼくは、家族だよね、お父さん。

 

ガシャーーーン       

 

おわり